ホーム > アサヒアレックスの想い

 

 

何のために家を建てるのでしょうか?「家族が安心して長く暮らせて、子どもが健やかに育つ場所が欲しいから」まったくその通りでしょう。私もそう思います。つまり手に入れたいのは【安心】なんですね。家を建てることで手に入れたいのは安心であって、リスクが欲しいわけではありません。では、安心とはどういうことでしょうか。それは、家が【丈夫である】ことと【高性能である】ことの2つでしょう。

現在の日本の家屋の寿命は30年~40年と言われています。30年もの長いローンを払い続け、ようやく払い終わった頃には家の痛みも激しく、今度はお子さんがまたローンを組んで新しい家を…というサイクル。果たしてこれを、長く安心な暮らしを手に入れたと言えるでしょうか。
世の中の親御さんの気がかりの大半はお子さんのことではないでしょうか。私も親ですから身にしみるほど分かります。将来どうなるか分からず不安と言われる時代。お子さんお孫さんの代まで永く安心して住み続けられる家を渡せるとしたら、どんなに安心でしょう。アサヒアレックスでは100年住んで頂ける【丈夫な家】を目指して取り組んでいます。

もうひとつの安心は「高性能であること」です。家における高性能とはなんでしょう。それは低燃費の家のことです。 35年のローンに加えて、毎月かかる光熱費がかさむのは大きな負担となります。毎月の光熱費が大きくては、安心な暮らしとは言えません。光熱費は、家の性能で抑えることができます。夏の暑さ、冬の寒さを防ぎ、室内を一定の温度に保ち続けられる家。ちょっと専門的な話をすると、アサヒアレックスの建てる高気 密高断熱の家は、言わば【魔法瓶の家】。ペットボトルと比較すると圧倒的に保温性が高くなるのは簡単に想像できますね。夏のクーラーも冬の暖房も、高い保温性でムダな電気代を抑えることができます。アサヒアレックスの高性能な家は、北海道の次世代省エネ基準を上回る仕様を標準としています。これはQ値C値という専門的な数値で判断することが出来ますが、私たちアサヒアレックスの家は、しっかりとした数値の裏付けによって実証される、低燃費な「魔法瓶の家」なのです。

 

「長寿命な家」「低燃費な家」というと技術的な話のように聞こえてしまうかもしれませんが、すべては「家族が安心して長く暮らせて、子どもが健やかに育つ場所が欲しいから」という思いを実現するためのものなのです。みなさまには、家を建てることで、安心を手に入れて頂きたいと思っています。