ホーム > こだわりの家づくり

家における高性能とはなんでしょう。それは低燃費な家のことです。光熱費は家の性能で抑えることができます。夏の暑さ、冬の寒さを防ぎ、室内を一定の温度に保ち続けられる家。アサヒアレックスの建てる高気密高断熱の家は、言わば【魔法瓶の家】。ペットボトルと比較すると圧倒的に保温性が高くなるのは簡単に想像できますね。夏のクーラーも冬の暖房も、高い保温性でムダな電気代を抑えることができます。

 

魔法瓶の家=Q値が小さい

Q値とは、熱損失係数のことで、どれだけの熱が奪われるかを表します。数値の低いほうが熱を奪われにくく、エアコンの効きが良いということになり、省エネにつながります。

高い施工技術だから作れる「魔法瓶の家」
暖房やクーラーの効きが良ければ、ムダな電気を抑えることができます。アサヒアレックスの高気密高断熱の家は、言わば「魔法瓶の家」。ペットボトルと比較すると圧倒的に保温性が高いのは簡単に想像できますね。冬の暖房も夏のクーラーも、高い保温性でムダな電気代を抑えることができます。
この高いレベルのQ値を(数値は低くなります)実現するのは、施工力。断熱材の効果を十分に発揮するための高いレベルの施工力があってこそ実現できます。

アサヒアレックスは、
北海道の次世代省エネ基準を上回ります。

よく目にする「次世代省エネ基準」という言葉。1999年に改訂され「Ⅳ地域」(新潟市・三条市・燕市・柏崎市がこれに該当)は、「Q値=2.7W/㎡・K以下」「C値=5.0c㎡/㎡以下」という基準が定められていますが、アサヒアレックスの家はすべてのタイプでこの基準を上回るのはもちろんのこと、北海道の基準「Q値=1.6」「C値=2.0」をも上回る「Q値=0.98W/㎡・K」「C値=0.6c㎡/㎡以下」まで作ることが可能です(アサヒアレックスAAA仕様の場合)。

 


1.気密・断熱

気密とは、室内外が隙間なく密閉されていて外気の影響を受けない状態のことです。
冬に暖房を使っていても、すきま風から入ってくる冷気を感じるのは気密が悪い状態。コンセントや窓枠など小さな隙間への対処が出来ているのかがポイントです。断熱は文字通り、外気の暑さ寒さを防ぎ、室内の温度を保つことです。断熱材の素材にどんなものが使われているかを聞いてみると良いでしょう。

マメ知識
C値…床面積1㎡あたりに、どのくらいの隙間があるかを測定したもの。気密性を表す数値で、低いほど気密性能が高くなります。新潟の次世代省エネ基準は5.0c㎡/㎡。(ちなみに北海道の省エネ基準は2.0c㎡/㎡とされています)

 

2.壁・窓・屋根の3箇所遮熱(しゃねつ)

遮熱とは太陽の日射熱を建物の外部で遮ることです。
気密性断熱性の高い住宅も、それだけでは太陽から降り注ぐ熱は防げません。炎天下では屋根や壁を伝わって室内が輻射熱によって、高温になることは防げません。そこで、反射を使って熱を遮るのが遮熱シート。ちょうど夏の強い日差しの下にある車が、フロントガラスにカバーをすることで高温になるのを防ぐことができるのと同じです。冷房の使用量が少なくて済むことは想像できますね。
アサヒアレックスでは、一般的な「壁」遮熱に加え、「窓」「屋根」の3箇所による遮熱で、さらに遮熱効果が高めます。

 

3.防水(ぼうすい)

住宅にとって雨水は大敵です。
建築中の家が雨ざらしになっている光景をよく見ますが、木は雨や雪に濡れ泣いています。アサヒアレックスでは、家中をシートでくるみ、雨・雪から構造躯体が濡れないようにしています。こうした建築中の見えない取り組みが、長持ちする家の基礎を支えています。

 


太陽光発電増えています。

最近では太陽光発電システムを搭載するお宅が増えてきました。
太陽光発電のよいところのポイントを見てみましょう。

1.電気代がお得。

電気代が安く済みます。さらに余った電気は電力会社に売電することができるのでプラス収支になることもあります。

2.環境に優しい。

地球環境にやさしい。石油や原子力に頼らないバイオマスエネルギーだから地球にやさしい。未来のこどものためにも地球に優しく暮らしたいと考えます。

3.停電時でも太陽光があれば発電できる。

急な停電があっても、十分な日差しがあれば電気製品を使うことができます。(消費電力の目安を参照)

 

 

 

長持ち100年住宅。孫の代まで安心して暮らせます。

現代の住宅の平均寿命は約30年程度と言われています。ローンを返済した頃に「そろそろ建て替えを」なんてよくあること。100年住宅なら孫の代まで安心して暮らせます。
100年暮らせるには理由があります。それは「丈夫な構造躯体」であることと「メンテナンスがしやすいこと」の2つ。
まず丈夫な構造躯体について。骨組みは、強度に優れた集成材と特殊金具を接合した独自の工法A.S.S(アサヒ・スーパー・サイエンス)工法により、建物が歪みにく揺れに強い家を実現。また、建物の基礎部分は通常120程度の幅のところを150にして。100年持つ基礎を実現。

これで100年持つ、しっかりとした構造躯体が出来上がります。

次にメンテナンスについて。建物は「構造躯体」と「内装」・「設備」を分けて考える「スケルトンインフィル」だから、
将来的にリフォームがしやすい構造です。
それからたとえ輸入住宅でも使用するパーツは国内で手に入るものを選んでいるから部品の交換や修理に困りません。
家も車と同じように、きちんと手入れをしてあげると元気に長持ちします。ただし、面倒なものではなく、
簡単にできるように設計されている。それがアサヒアレックスの基本的な考え方です。

 


ハートメイドハウスの基礎は、一般的な基礎立上り幅120㎜よりワンサイズ大きい150㎜。カブリ厚と呼ばれる幅の厚みが増すことで、コンクリートの中性化を抑え、耐久性をアップ。さらに地中からの湿気をカットし、長期に渡り住まいを守り続けます。

 


建物の老朽化現象は、風化・摩耗・腐朽・虫害などが考えられますが、主な原因は微生物や食害虫などであり、被害の多くは腐朽菌、シロアリです。ヒバ・檜には腐朽菌に対する殺菌作用や、シロアリに対する抵抗力を備えた<カルバクロール,P-メトキシチモール,β-ツヤプリシン,ヒノキチオール>と呼ばれる物質を含んでおり、材の優れた耐久性に関与しています。

 


寒冷地域に適したプラ束樹脂製のため、湿気による腐れがありません。また寒冷地域では鋼製束の場合、伸縮が起こりやすくなり、プラ束が最適と考えられます。調整も簡単にできます。

 


湿気を効率良く排湿し、省エネ・高耐久を実現「キソパッキンロング」による床下全周換気は、従来の工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現。全周を風が通り抜け、湿気を残らず排湿します。また、床の乾燥が断熱材の性能を維持し、土台の腐れを防いで住宅の耐久性を高めます。

 


ムク材と比較して約1.5倍の強度集成材は、他の木材に比べて強度にバラつきのない木材です。そして、JAS認定集成材は出荷時の含水率が15%以下に設定されていますので、変形や狂いがほとんど起こらず、「クロスの割れ」「床の不陸」「床鳴り」「建具の不具合」というクレームが激減します。

 


強度が高く、腐りにくいレッドウッドハートメイドハウスでは、スプルース材(ホワイトウッド)を使わず、レッドウッド(欧州アカマツ)を使用しています。日本の7割の住宅会社は腐りやすいスプルース材を使用しています。加工のしやすさ等優れた面もありますが、長く家を持たせるためには、レッドウッドの選択がベターです。

 


接合部に断面欠損の少ないフレーム金物を使用しています。構造材同士をしっかりと接合し、驚異の耐久性と耐震性を実現しました。在来工法の接合部と比較して約1.8倍の強さ

 


ダイライトを使用し、地震・火災・腐れに強い建物を実現

(1)燃えにくい無機質原料(鉱物性繊維+火山性ガラス質)
(2)一般合板の4倍の浸透性で湿気を放出し、結露を起こしません
(3)ホルムアルデヒド規制対象外の健康建材(F☆☆☆☆の60分の1の放出量)

(ハイブリット〈hybrid〉の意味は、異なったものを混ぜ合わせるということ。地震国日本で、本当に安心できる堅牢な木造住宅をつくるために、従来の木造住宅の施工技術と2×4住宅の異なったテクノロジーを融合させて、より施工精度と強度の高い進化した工法「ハイブリット工法」を完成させました。)

 


ハートメイドハウスの建物は省令準耐火構造。
一般木造住宅と比較して、約20〜60万円も
保険料が変わってきます。

 

 


「全熱換気システム」で、
健康的な換気が可能。

日本の住環境において、梅雨時期の湿度軽減と、寒い冬の結露や乾燥対策は、日本の住環境にとって大きな悩みでした。通常の換気システムは外気をそのまま交換するので、暑さ寒さの影響を受け室内の温度は大きく変化してしまいます。性能の高いものでもこの温度差を軽減させる程度で湿度までの調整は出来ませんでした。

今、アサヒアレックスが取り組んでいる次世代の「全熱換気システム」は、温度と湿度の両方の調整ができます。外気との温度差、湿度差をコントロールしながら換気するので、梅雨時期の湿度軽減、冬の結露や乾燥を抑えることが可能なのです。

全熱交換システム

例えば冬、窓を開けて直接外気を取り込む換気では、室温は一気に下がり、また湿度も下がり乾燥の原因になります。
「全熱交換換気システム」は、取り入れる外気(冬なら寒気)と、吐き出す内気(冬なら暖気)を、交換装置の中で間接交流させることで、温度差が減り、冷たい外気は暖かい空気として室内に取り入れることができます。これにより暖房コストを抑えることができます。


 

様々なシステム・最新技術を搭載するには高い施工力が必要です。

アサヒアレックスでは、工事に携わる業者を選定し「アサヒ建友会」というプロ集団を組織。

 

プロフェッショナルの職人集団
アサヒ建友会。

「安心、安全な住まい」とは一体どのようなところから生まれるのか。アサヒアレックスでは、現場の職人たちが驚くほど高いプロ意識で仕事を行い、さらに品質を維持するための徹底した管理体制がそれを実現している。アサヒ建友会とは、アサヒアレックスの家づくりに携わるプロ集団のこと。スタッフの数は、大工、配管、塗装、内装、屋根、板金、電気などを含め、64社、総勢約600人にのぼる。
しかも、厳しい審査を経た精鋭だけが参加できるという仕組みになっている。これらプロ集団がスクラムを組み「安心、安全な住まい」づくりに励んでいる。
なかでも目を見張るのはパトロール。建友会の役員9人が月に2回、各現場に出向き抜き打ちチェックを行い品質管理の徹底に努めている。安心して暮らせる住まいを作るためには、一定の厳しさも必要ということの裏付けでもある。

 

 

 



 

長期にわたり高い住宅品質を保てるアサヒアレックスだからこそ!
最長35年、住宅を保証する第三者保険システムです。
構造躯体の10年保証は当たり前になってきましたが、10年以降は、壊れて当たり前?では困ります。アサヒアレックスでは、10年毎に、第三者による維持管理検査を行い、保険会社による最長35年の保証制度をスタートしました(業界初)。
例えるならば、定期的に車検を受け、合格した自動車に対して、車両保険がつく仕組みと同じです。車検に通らない車には(当然乗ることは出来ませんし)保険会社は保証してくれません。
これにより、10年目以降にかかる修復費用は、保険を適用することが可能となります。
この保証システムは、第三者検査機関による厳しい検査と、それに合格す高い住宅品質があってこそできた保障システムです。